日本学術会議協力学術研究団体
日本英語文化学会
The Japan Society for Culture in English (JSCE)
Since 1972



会則

日本英語文化学会会則
  (The Japan Society for Culture in English)

第 1 条 本会は日本英語文化学会(The Japan Society for Culture in English)と称
し、事務局を担当役員の所属機関に置く。
第 2 条 本会はイギリス・アメリカを始めとする英語圏の文化、文学、言語、言語教育
及び関係諸分野の研究をおこない、その成果を発表することを目的とする。
第 3 条 本会は第2条の目的を達成するために次の事業をおこなう。
1. 大会
2. 研究発表会
3. 機関誌の発行
4. その他必要と認められる事業
第 4 条 本会の会員は第2条の主旨に賛同し、年会費を納入した者とする。会員は次の
三種類とする。
1. 一般会員 年会費5,000円を納めた者。
2. 賛助会員 本会の主旨に賛同し、これを援助する目的をもって年間10,000円以上を
納めた個人、または団体。
3. 学生会員 大学学部、または大学院修士課程在籍者で、年会費2,000円を納めた者。
4. 年会費を2年間未納のときは、役員会の認定により退会とみなすことがある。また、
在外研究・留学1年以上の場合は、その年の年会費を免除する。
第 5 条 本会は次の役員を置く。役員の任期は2年とし、兼任及び再任を妨げない。役
員に欠員が生じたときは補充し、前任者の残任期間とする。
顧問若干名
会長1名 副会長1名 理事10名程度
監事長1名 監事3名程度
会計1名 会計監査2名
編集長1名 編集委員10名程度
1. 顧問は役員会で推挙し、総会で承認を得る。
2. 会長は本会を代表し、会務を統括する。総会において会員が互選する。
3. 副会長は本会の会長を補佐し、会長に事故があったときは会長の職務を代行する。
会長が推薦して総会で承認を得る。
4. 理事は役員会において本会の運営について協議し、その意見を具申する。役員会で
推薦して総会で承認を得る。
5. 監事長は研究発表会の総合的な司会を務める。役員会で推薦して総会で承認を得
る。
6. 監事は総会、研究発表会、その他の会務を執行する。役員会で推薦して総会で承認
を得る。
7. 会計は本会の金銭の収支を執行し、総会において収支決算を報告する。役員会で推
薦して総会で承認を得る。
8. 会計監査は本会の金銭の収支を監査する。役員会で推薦して総会で承認を得る。
9. 編集長は原稿の収集、査読者への依頼をし、本会の機関誌の発行を執行する。役員
会で推薦して総会で承認を得る。
10. 編集委員は本会の機関誌の原稿読み合わせをする。役員会で推薦して総会で承認を
得る。
第 6 条 本会は次の機関を置く。
1. 事務局
2. 役員会
3. 編集委員会
4. 総会
5. その他必要と認められる機関
第 7 条 総会は本会の最高議決機関であり、毎年1回会長が召集する。ただし、会長が
必要と認めたとき、臨時総会、役員会、及びその他の会を召集することができる。
第 8条 役員会は役員をもって構成し、本会の運営にあたる。
第 9条 編集委員会は編集長及び編集委員を以て構成し、機関誌の発行を執行する。
第10条 本会の会計年度は4月1日より翌年の3月31日までとする。
第11条 本会の会則の改正は総会の承認を経なければならない。
附則
1. 施行細則については別途に定める。
2. 本会は昭和47年4月上毛英米文学会として発足し、昭和50年4月1日ビビュロス同人
会として改組され、平成4年7月25日ビビュロス研究会と名称を変更し、さらに発展させ
て平成10年4月1日より日本英語文化学会と名称を変更し設立された。
3. この会則は、平成10年4月1日より施行する。
4. この会則は、平成12年4月1日より施行する。
5. この会則は、平成14年9月7日より施行する。
6. この会則は、平成18年9月2日より施行する。
7. この会則は、平成20年9月13日より施行する。
8. この会則は、平成22年9月4日より施行する。
9. この会則は、平成26年9月12日より施行する。
10. この会則は、平成26年9月12日より施行する。

事務局
〒270-1196 千葉県我孫子市久寺家451
中央学院大学研究棟408
市川仁研究室






戻る
戻る


このページのトップへ